attention admin about comments trackbacks you may also like

IEの対応・非対応の選択に悩んでいる方へ

2019年07月25日
webのあれこれ
16
初心者向け IE トラブル対処 Education

テンプレートを Internet Explorer(以下 IEと称す)での表示に対応させるか否かでお悩みの方向け記事ですが IE対応修正を目的とするものではありません。こう考えたらどうですか?という方針面の後押しをする記事です。

弊テンプレートは今後もIE非対応の方針です

私が製作するテンプレートについて、2018年4月以降にリリースしたものはIE非対応です。これは今後も変わりません。

非対応の理由と対応の理由の双方を知る

何故「非対応」を選ぶのか

まずは私が何故「IE非対応」の選択をしたか、その理由をお伝えします。賛同できる点があるかもしれませんし、また逆に賛成しかねる内容があるかもしれません。以下をお読み頂いて、どの程度納得ができるか ご自身で確認をしてください。納得の度数がそのままIE対応への方針決定に繋がります。

その前にここで言うIEとは IE11のみ を指します。それ以前のバージョンについては既にセキュリティサポートが終了しており、セキュリティ切れのブラウザやOSについては以前からお伝えしている通りいかなる事情に於いても対応は致しませんし、利用すべきではない という以外の答えを持ちません。

非対応を選択する主だった理由

  1. 開発が終了している(技術改善, 機能追加などが一切見込めない)
  2. IEの独自性に対するhtml, CSS内容でデータ容量が膨れ上がる --- スピード・デザイン性・効率性に影響
  3. スマホブラウザにIEは存在しない --- モバイル最優先思考
  4. 処理スピードが絶望的に遅い
  5. リリース元のMicrosoftが「IEを使わないで」と警告(2019年2月より)
  6. FC2ブログ運営がIEを重視しなくなっていると判断(2018年春頃に認識)
  7. FC2ブログ公式デフォルトテンプレートもIEを推奨ブラウザに指定していない
①〜⑤までは一般的な理由です。⑥と⑦はFC2ブログ運営自体がIEを重要視しなくなっているのではないか、と私個人が感じているだけです。とりあえず①〜⑤については否定できない事実なのでこれらをどう受け止めるかですよね。じゃあ「対応する理由」はどうかというと…

何故「対応」を選ぶのか

対応を選択する主だった理由

  1. 管理者自身がIEを利用している
  2. 閲覧者の意識や環境までコントロールすることはできない
対応する意味というのはもうこれ以外にはありません。
管理者自身の意識が高くとも一般閲覧者や馴染みの読者さんも同じとは限りません。仮に「ChromeやFirefoxで見てください」と書いても相手にその気がなければどうしようもありません。要は 読者層 の問題です。

読者に若年層が多ければ極端な話、スマートフォン環境だけに集中すれば良いのかもしれませんね。「パソコンから閲覧される頻度がかなり低い」と想定できるかもしれません。

逆に読者が高齢層の場合 特に日本では高齢層のIE使用率は高い ですし、「スマートフォンから閲覧される頻度がかなり低い」と若年層とは真逆の想定となります。ですから自身の読者のターゲットによってはIE非対応は危険かもしれません。

結局どうすれば良いのか

・自身のブログ読者のターゲットになる年齢層を考える
・自身に啓蒙の努力ができるかどうかを判断する

「啓蒙努力」というのは具体的には「IEではなく別のブラウザを勧める」ことです。それには「何故そうした方が良いのか」「そうすることによって生じるメリット・デメリットは何か」を説明する必要が出てきます。

あるいは一番簡単な方法は「当ブログはIE非対応ですから他のブラウザで閲覧してください」と注意書きをすることなんですが、現実問題として現時点でIEを使い続けている方というのは以下の可能性が高い。

  • IE以外のブラウザを知らない
  • IE以外のブラウザをダウンロードする方法を知らない
  • 「ブラウザ」の意味がわからない

上記に該当する方の場合「別のブラウザから見て」と言われてもどうしたら良いかわからないわけなんです。となるとブラウザのダウンロードリンクを設置するのか、ブラウザに関する説明をブログの目立つところに掲載するのか、ということになってしまいます。正直そこまでやってらんない、よね (´・ω・`)

そして別のブラウザを推奨したところで相手から「でも〜」「しかし〜」「But〜」という返事が返ってきたらそれは 実行する意思がない のと同じことなんで、いくら説明しても右から左ということが多い(笑)
誰もが言いにくいから言わないけれども実際そんな感じですよ。そもそもこれらの返答をよこす人というのは要するに「やりたくない」んです (∵`)

で、意識を変えさせることこそが「啓蒙」なんだけれども、これは相当難しい。使用ブラウザについて相手を説得する、なんてのは通常のブログ運営では余分な手間であって、なんでそこまでしなきゃなんねーの、な部類に入る。それが啓蒙活動(笑)

読者にIEユーザーが多いと判断できる場合は切り捨てない

ここまで書いてきた通りなんですが、仮に読者さんから「レイアウト崩れてる」という声が有ったとしますよね。そこでまず「IE非対応です。何故かというと〜」と説明ができるかできないかを想像してください。場合によっては「何故」の理由説明以外に「どうやって」の方法説明も必要になるかもしれません。

もし説明できたとして、次に相手がどんな反応を返すかを想像。先に記したように相手にブラウザ変更の意思が無いと思われる場合にはおとなしく IE対応テンプレートにする というのが一番の良策です。説明する手間も省けますし、悩む必要が無い。

IE非対応は管理者自身の割り切りにかかっている

ここまでダラダラと書いていますが、結局のところは管理人自身がIE切りに対して気持ちを割り切れるかどうかです。文字にすると当たり前のように思えますが、これが結構難しいんですね。

例えばwebの最新技術を扱うブログだとします。CSSでこんなことができるよ、だとかhtmlで新しい要素ができましたよ、だとか。そういったブログの場合には そもそもIE利用者はターゲットになりません。IEはwebの最新技術を使えないブラウザなのですから、ベクトルがIE利用者に向くことが無いからです。

技術者のブログにIE非対応が多いのはこういった事情です。紐解くとかなり明確な理由と言えるかと思います。じゃあ日記などを綴っている一般ブロガーさんがどうかと言うと、技術者と同じ目線で判断するわけにはいかないと思うんですね。それにはくどいようですが 読者層 が大いに関係します。

まとめ

ここまでの内容をまとめますと

IE非対応テンプレートを選んではいけない人

  • 閲覧者に対する説明ができない・説明が面倒
  • 意見を受け入れ無さそうな読者が多いことが既にわかっている

結局はこういうことです。説明がめんどうだなぁ、と感じているのであれば素直に対応テンプレートを選んだ方が良い。一番大事なのはブログを更新すること なのですから、IE問題で悩むのは時間がもったいないと思うんです。

IE対応テンプレートを勧めているように思われるのもアレなんですが、実際難しいところだと思うんですね。常連のIE利用者さんから「見られない」「見づらい」と言われるとやっぱり気に病むでしょう?それに説明の過程で揉めるのではないかという懸念だってありますよね。ならば最初から対応しとけ、ということです。

で、ここまで言っといてなんなんですが私個人のテンプレートは今後もIE非対応です(笑)
既に割り切りが出来ている、という方にご利用頂ければ良い話であって、他にも良いテンプレートを提供してくれる作者さんはたくさんいらっしゃいます。

あと以下のような記事も書いていて、導入している方もいらっしゃるかと思います。

【IE撲滅運動】IE利用者への啓蒙オーバレイ表示

ぼっちんさん に教えて頂きました。「こんなのあるぜ?」って感じで(笑) 最近は「IE非対応サイト」も徐々に増えつつあります。非対応というのは要は「IE向けCSSフォールバックは書かないからデザイン崩れてても知らーん」ってことです。大抵は。...

IEからアクセスした際に画面に警告文を被せて他モダンブラウザのダウンロードを促す、というものです。ですがこれはある意味 門前払いと同じ なので、自身の交流相手にIEユーザーが多いとわかっている場合に利用すると諍いに発展することもあるかもしれません。それには読者層をきちんと把握しておくことが大事。

ただ一定の効果は認められると思います。相手方の感情面さえクリアできれば、の話ですが。

弊ブログでのIE閲覧のブロック効果は着々と上がってますよ~

Microsoft が Windows IT Pro Blog に於いて 『 The perils of using Internet Explorer as your default browser (デフォルトのブラウザとしてInternet Explorerを使用することの危険) 』 を 02-06-2019 に公式発表したことはご存知の方も多いと思いますが、「その記事は企業向け発信だから。。。」と捉えて「まだ使えるじゃん」的に、同警告に無関心な個人ユーザーも多いようで、筆者としては唖然としてしまいます (^_^; アハハ… ...

個人的意見としては「啓蒙を行ってできるだけ多くの人が脱IEを実現する」というのが最も良い形ではあるのですが、と同時に啓蒙の難しさもよく理解しているつもりです。ですからいくら気に入ったテンプレートであってもIE非対応がネックになっているのであればいさぎよく手放す、という選択肢も必要ではないかと思います。

関連する記事
vanillaice (Akira)
Author: vanillaice (Akira)
* Internet Explorerはサポートしておりません。
* メールでの返信をしておりません。
ブログ内で必ずお返事はしておりますので
ご面倒ですがリコメの確認に再度お越しくださいね *

コメント(16)

There are no comments yet.

ぼっちん

2019/07/25 (Thu) 21:37

お疲れさまです~

Akiraさん、こんばんは ^^
弊ブログの拙い記事に、度々ブログカードを張って下さって恐縮でございます ^^

「ブラウザIEの利用はもう辞めましょう」の啓蒙活動って、いろいろと難しい面は確かにありますよね。

ただ幸いにも、弊ブログへの訪問者は「検索流入者が 90%」ですから、お友達閲覧は総数の10%未満です(笑)
その検索流入者さんの70%は法人企業や団体組織からの閲覧です。
その様な環境下ですので、何気にすることなく弊ブログでは「IE閲覧ブロック」を実施出来ている次第です。
それに、弊ブログでのお友達付き合いさせて戴いております皆さんは「IE利用者 0」でして、皆さん、その意味をもう十二分に理解なさっている表れでもあります ^^

個人のパソコンでインターネットを楽しまれているのでしたら「どんなブラウザでも自由に利用出来る環境にある」んですから、IEに縛られる必要もまったくないのですから、頑なに「私はIEしか利用しない」というスタンスは、とても奇妙に映りますよね (^_^; アハハ…

パソコンのタスクバーの、IEアイコンの横に GoogleChrome や Firefox のアイコンを並べて置くだけですぐ利用出来るんですから、そのようにお気楽に考えて戴きたいものですよね~ ^^

Akira

2019/07/25 (Thu) 22:09
vanillaice (Akira)

To ぼっちんさん

ぼっちんさん、こんばんは ('0')/

啓蒙活動というのはもうホントにマジで難しいです(笑)
Microsoftのこれまでのブラウザの歴史は最終的に「敗北」と表現して良いと思いますし、msも暗にそれを認めているので敗北ブラウザに固執する意味は無いと思うんですけどね。
でも「知らない」「わからない」という方は仕方がないと思うんです。

私の場合テンプレートの配付ページから訪れる方も多いのでパソコンの閲覧数が減ることは今後も恐らく無いと思うんですが、それでもIEを切り捨てているのは「気づいてお願い」の意味もあります(笑)

mochi

2019/07/26 (Fri) 13:18

コダワリがないからIEなんだろうと思います

 こんにちは。Akiraさん。
 ご無沙汰しております。

 僕のブログの検索流入は約70%でリピータさんを強く意識する必要はないことや、主要モダンブラウザがWebP対応したことから、IE乗換啓蒙オーバーレイ表示をさせています。
 ただ訪問者の30%が未だにIE使いという状況と、テンプレート自体はIE対応している(と思っている)ので、画面クリックでオーバーレイが消えるようにしてあります。
 今年の2月からオーバーレイ表示を設置しており、日に何人かはGoogleChromeのダウンロードリンクをクリックしているようですが、なぜか一向にIE比率が下がりません。(笑)
 訪問者の70%がPCからという特性もありますが、想像している以上に一般PCユーザーのIE比率は高いという印象を持っています。

 とはいえ、僕も3年ぐらい前までIEしか使っていなかった事を思い出してみると納得できる部分もあります。
 当時IE以外のブラウザの存在を知ってはいましたがIEを使い続けていた理由は、別にIEに固執していたわけじゃなくて、僕がネット閲覧するのに関してはIEで事足りていたからなんですね。逆にブラウザに対してコダワリがないからこそのIE選択だったと思うのです。
 個人的には同じ機能属性のアプリをいくつもパソコンにインストールしたくないというのもありましたけど。(そのことによってWindows動作が不安定になったりしたらヤダ。←やっぱりMSが原因)
 僕がブロガーで他ブラウザでの表示のされ方を気にすることがなければ、昨年パソコンが壊れなければ(笑)、たぶん今でもIE使っていたんじゃないかと思いますが、そういった何らかの必要性に迫られる「きっかけ」を提供することになるIE乗換啓蒙は意味ある活動だと考えています。
 でも難しいのは、世の中には善意を悪意と捉えてしまう方も中にはいて、逆に「IEを使用することへのコダワリ」を与えてしまう可能性もあるってところですよね。(笑)

 パソコン購入時にプリインストールされているデフォルトブラウザの影響力は大きいですね。人類にとって不幸なのはそれがMS製のブラウザだということ。だからこそ余計にMSは罪深い存在…ってちょっと言い過ぎですかね?(笑)

 Windows10以降の普及によっておのずとIE→Edgeへの移行は進んでいくでしょうが、その過渡期にある状況において、ブログのIE非対応は啓蒙オーバーレイ表示も含め、記事に書かれているように自身のブログの属性をしっかり把握しておくことと、割り切りが必要ですね。

Akira

2019/07/26 (Fri) 17:31
vanillaice (Akira)

To mochiさん

mochiさん、こんにちは ('0')/

非常に言いにくいことでまたコメント欄がめちゃくちゃになる可能性もありますが、核心を突くと激怒する方ってのが一定数存在しますよね。「何がそんなに腹が立つわけ?」というタイプの方が(笑)
IEについても同じで、別のブラウザを勧めると怒りだす人も結構多いんですよ。怒りをぶつけたりあれこれと屁理屈を並べだす人が。
そういう意味で「IEユーザーが多いとわかっている場合にオーバーレイは危険かもよ」と書いたんですけどね。

実際年配の方に説明しても結局返ってくるのは「使い勝手が」「慣れたものでないと」という内容が多くて、そういう方に最も効果があるのは自分の子供に教えてもらうことなんですね。
「息子が変えろと言った」「娘がChromeを入れて使い方を教えてくれた」など。こういうのは素直に受け入れてもらえるようで(笑)
そんな話を微笑ましく聞きながらも「いやもうそれとっくに説明したし」と頭の中で思ったり(笑)

まぁこれは単なる話のネタですが、「IEに固執」というよりも「環境を変えたくない人」という方は結構多いのかも。
つまり聞いてないんです。説明を聞いているようで聞き流してる。もう最初から「変えない」ことが決定しているのに何故か助けを求めたり説明を求めたりする人が。
どうにもならないほど困った状況に陥らないと自分の慣れ親しんだ環境を捨てられない、という人は多いんじゃないかしら。
やっぱり自分が窮地に陥らないと「へー」「ふーん」「あっそ」ぐらいの感覚でしか頭に入ってこないんじゃないですかね。
なので「常連さんには啓蒙をしたらどう?」というのは酷のように思いますよね。自分は目覚めたけれども相手がそうでない場合。説明して揉めるよりは… という感じです。まぁ普通の方はその程度で怒ったりはしませんが、それも「層」によりけり。

といってもセキュリティサポートは2023年までですから、例えば今Yahoo!ブロガーさんが引っ越しで四苦八苦しているのを見るにつけ「ブラウザも同じなのになぁ」と思ったりしています。終わること確定しているわけですからね。IEも、つか、もう最低限のセキュリティサポートがあるだけで開発終わってるし。オワコンブラウザ (´・ω・`)

あと「msが原因」「msの罪」についてはms自身自覚してると思います。功罪の罪の方が強烈になっちゃった、というやつです(笑)

mochi

2019/07/27 (Sat) 15:49

ホントお疲れ様です。m(__)m

 こんにちは。Akiraさん。

 なんか…察しが悪くてすんません。 (^^ゞ ポリポリ
 なるほど。啓蒙活動の前線で身をもってご苦労されているAkiraさんならではのアドバイス記事ですね。

 追いつめられるまで環境変化を嫌う人が多いという傾向は、自然災害などで避難指示が出ても家の中に留まってしまう人が多いということからも明らかですし。
 ご年配の方が自身の子や孫に対して精神的許容度が広がるというのも、オレオレ詐欺が横行したことで実証されて…おっと。誰か来たようです。

 ともあれ。「コメント欄がめちゃくちゃ」になるのは僕も本意ではありませんので…というか僕のコメントきっかけでその流れとか勘弁してください。(;・∀・)

Akira

2019/07/27 (Sat) 21:48
vanillaice (Akira)

To mochiさん

こんばんは ('0')/

いえいえ。「めちゃくちゃ」に関しては誰のせいでなくこれまでも私が自ら招いています(笑)
特に「人に好かれたい」という気持ちが強くは無い(というかほとんど無いに等しい)と自覚していますので、言いにくいこともできるだけ言って行こうと思っています。

いずれにしてもその気の無い方を説得するのは容易ではないですし、言いたいことも遠慮しがちになる方が多いわけで、そういう啓蒙的なことは開発者や製作者サイドが行えば良い話ですよね。
今回の「IEユーザー切り」についてもよほどの強メンタルか信念の有る人でなければおすすめしない。軋轢生じるだけ損 (´・ω・`)

Janedoe1471

2019/07/28 (Sun) 00:15

わりと、時間がかかりそうです

いつもお世話になります。

私も、この問題は、避けて通れないと、思っていたのですが、Akiraさんが、ご自分の方針を、はっきりすればするほど、ほかの人は、ラクになるというか、それが本当だろうと、思っています。
この前、他人が改造した場合の条件について、おたずねした場合にも、はっきりと、もやもやすることなく、伝えてくださったので、私の方も、それに準じて、間違えずに、行動することができました。

Yahoo移行者さんたちが、IEの読者さんを大切にしているということは、これは本当で、そして、読者さんたちに、ブラウザを変えてもらうということは、かなり難しいということも、本当のようです。
私も、勉強が足りなくて、CSS変数の意味が、あまりわかっていなかったとか、たまたま私が選んだのが、Donnaだったこともあって、気が付くのが、遅くなってしまいました。
「IE非対応」というのは、Akiraさんの新しめのテンプレートに限っては、object-fit:coverなどの、わりと些細な問題だけではなかったんだ、と。
普通は、IE非対応というのは、object-fit:cover問題を中心に、考えますが、CSS変数を使ったという場合には、もはや、ブログとしての体裁は、成さなくなるので、そういう些末な話では、なくなってくると。

たぶん、あと2~3年は、IE問題は、引きずると思うので、Akiraさんの新し目のテンプレートは、わかっている人が、わかったうえで、使わせていただくべきですね。
誰が悪いという、そういう話ではなく、先端技術を追求する人と、それについていく人たちと、そこまでしなくてもいいという人や、まだついていけない人たちに、はっきり分かれるのであって、今後は、そこが、もっとはっきりしてくのかもしれません。

これはやはり、Yahoo移行者さんたちの大量流入ということで、表面化した問題であって、それが無ければ、特に、これまでのFC2ブロガーさんは、すでに啓蒙されているし、わかっているし、それほどの問題ではなかったんだろうと、思います。
がまあ、やってきた方々を、温かく迎えて、その方たちの準備ができるまで、たぶんあと数年でしょうが、楽しくブログができるように、自分に合った選択を、していっていただきたいなと。
FC2色に染めるには、Akiraさんの理想よりも、もっと時間がかかると、私は、思います^^
やはり、時間がかかる…Yahooのような、特殊なシステムの温室の中で、10年以上やってきた方たちと、その読者さんというのは、「数ヶ月」とかでは、染まらない笑。
「荒療治」は、今回の場合は、あまり、適切ではなかったというか、楽しくブログの更新を続けながら、染まっていってもらうというのが、前提であって、そこが突破できなかった、ということだろうと、生意気なようですが、思っています。
私に責任のある部分も、多々あったので、それについては、自分で、対処をさせていただいて、みんなが、楽しく、移行先のFC2で、じょじょに馴染んで行けるように、そしていずれは、はっと気がついたら、知らないうちに、すっかりFC2に染まってしまっていた、という時が、来るかもしれません。
移行者さんたちは、みんな、そのままYahooをやっていたかったのに、運営側の都合で、意に反して、不承不承、移ってきたという、方たちですから、あまり急に、切り替えが効くというものでも、なく、せめて、ブロ友さんたちとのつながりは、なるべく、これまでどおりに、維持できるように、してあげたいかな、と。
それでなくても、環境が変わって、戸惑っている人が、多いですから。

できれば、Akiraさんのテンプレート一覧表ですが、要約と全文だけでなく、IE対応と非対応に分かれた一覧表も、作っていただけると、非常に有難いです。

長くなって、すいません^^

Akira

2019/07/28 (Sun) 01:24
vanillaice (Akira)

To Janedoe1471さん

Janedoe1471さん、こんばんは ('0')/

IE利用を問題視するのは他にもあって、FC2テンプレートの製作者でIEを使って作っている人ってまず居ないんですね。するとどうなるかというと、ポリフィルが動作しているのか、IEの分岐構文が動作しているのか、などの確認が結構おざなりになってしまうことがあるんです。対応しているようで実際は対応できてない、みたいな状態ですね。

あとはもうブラウザというのは無料なんで、これが仮にChromeやキツネは有料ですよ、というのなら話は別で私も是が非でもIE対応するんですが、そうではないですよね。メモリやストレージの問題は個人環境なので置いておくとして。そして一番はmsが「もう使うの辞めてくれ」と悲鳴をあげている点です。

日本だと「企業のページが〜」「官庁の〜」と必ず引き合いに出されるんですが、議員の中でもIE依存を問題視している人はちゃんと居てですね、例えば以下のような感じ。

全国初、Internet Explorer脱却の意見書が全会一致で可決! 大阪市会議員 杉原みきと様
https://sugiyamamikito.com/later/20190313/

私としてはこういった動きに足並みを揃えたい(笑)
それには「IE使いたいよね、使って良いんだよ」と言うわけにいかないというか。脱IEが進まないのはそこにこそ原因があるわけで。
IE対応してくれる親切な人はちゃんと居ますので、私としては今後も啓蒙をしていく、という方向を選んで憎まれ役に徹しようと思います(笑)

ですからFC2に染まるとか Yahooの人がどうこうという話しではないです。
とはいえブログに於いてIEを使うか使わないか、なんてのは命を左右するようなことでもないんで、個々の選択にお任せということで良いと思います。ただ私のテンプレートを利用したいと思って頂けたのならば伝えるべきことは伝えたい、と。そんな感じかな。

* 一応「CSS3のタグはIE対応、CSS4のタグはIE非対応」としているんですがやっぱわかりにくいですよね。ちょっと考えたいと思います。

-

2019/07/29 (Mon) 14:16

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Akira

2019/07/29 (Mon) 15:14
vanillaice (Akira)

To 返信ボタンの仕様についてお問い合わせの内緒さん

こんにちは。こちらこそお世話になっております :)

お問い合わせの件については経緯がありまして、まずこれまでに以下のようなリクエストや疑問点がありました。

【タイトルではなく名前を指定して返信をしたい】
タイトルに宛てて簡単返信を行うと、タイトル無しの場合に

タイトルなし --- 訪問者A
re: タイトルなし ---管理人
re: re: タイトルなし --- 訪問者A
タイトルなし --- 訪問者B
re: re: re: タイトルなし --- 管理人
re: タイトルなし --- 管理人

こんな風にもうわけのわからない状態になってしまいます。これじゃ誰に返信しているのかさっぱりわからない。タイトルが「無し」という場合はハンドルネーム無しより発生率は高いのですしタイトル記入を強制するわけにもいきませんよね。
名前で返信すればそういった混乱は防げますし、それが最も自然な形です。

-----
【管理画面返信を使えるのは管理人だけ】
管理人だけが便利、という状態はどうかという疑問です。

-----
他サービスのほとんどが返信時にはハンドルネームに宛てていますが、FC2がタイトル文への返信になっているのは今回の要件がそのまま運営にも返っているためです。つまりサーバー出力時、管理人のハンドルネームに装飾がついてしまうので使用を避けてタイトル返信にしているのだと思います。
根本的に修正すれば良いのに (∵`)

-

2019/07/29 (Mon) 15:28

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Akira

2019/07/29 (Mon) 16:08
vanillaice (Akira)

To Transit IEの件 内緒さん

こんにちは。

Transitテンプレートは仕様として明記してある通り「IE非対応」です。IE非対応というのは「IEではまともに表示されない」という意味です。
「別の方のブログ」が誰かは私ではわかりませんが、恐らくCSS内容を自力で変更されたのだと思います。
IE非対応の場合の重要項目は

・CSSレベル4の使用(IEはレベル3までしか解釈できません)
・誤解釈あるいは未実装(レベル3だとしてもIEで実装されていなかったりバグ修正されていないものもあります)

Transitの場合は「CSSレベル4の使用」です。後者の場合はIEでは段組みそのもの(記事の並び)を表現できなかったりするんですが、Transitの場合は縦に並んでいるだけなのでIEでも問題ありません。

修正すべきは
注)主要カスタマイズ用
としてまとめられている部位、これがCSS4ですのでここを修正します。
例えば

--body-color: rgb(250,250,250);/* ページ全体背景色 */

とあれば、
var(--body-color)
を検索し(Ctrl + Fキーを使ってください)、該当するもの全てを
rgb(250,250,250)
に変更します。つまりコロンの右側にある内容です。

--content-color: white;
とあれば
var(--content-color)
を検索、
white
に変更、という手順です。全て変更し終わったら

/* ===========================================
注)主要カスタマイズ用
=========================================== */

から

/* ===========================================
リンク
=========================================== */

に挟まれている内容を全て削除。削除する前に
var
で検索をかけ、変更のし忘れが無いかを確認されると良いと思います。全て変更した後にこの文字列はヒットしないはずです。
かなりの手間ですが、コロンの右側にあるものを置き換えるだけなので作業内容自体は単純です。

修正したとしてもIEは object-fit というCSS(レベル3です)が未実装なので、トップページのサムネイル画像の縦横比は崩れます。これを直すには特殊なJSを用いる必要があります(こういうのを「ポリフィル」と言います)
「object-fit ポリフィル」でググると情報が出てくると思います。

また、IEに対応させた場合は今後記事内で利用される装飾についても「IEで表示できるのかどうか」を常に確認する必要があります。
ともかくIEでは高度なCSSは使えませんので、それを肝に銘じてその都度選択を行ってくださいね。

「IEでどうしても見られるようにしたい」という場合にはテンプレートの変更も視野に入れてください。IEでテンプレート配付ページのプレビューを片っ端からクリックする、というのが原始的ですが一番わかりやすい(笑)
あるいはIEでの閲覧をブロックしてChromeなど他モダンブラウザのダウンロードを促す方法もあります(この記事内にリンクを掲載しています)
ご自身の方針に合う選択を行ってください。よろしくお願いします。

-

2019/07/29 (Mon) 16:24

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Akira

2019/07/30 (Tue) 01:21
vanillaice (Akira)

To Transit IEの件 内緒さん(終了のご報告)

こんばんは。

了解です。現状まま行くのであれば啓蒙用のオーバーレイを入れても良いかもしれませんね。
また何かありましたらお気軽にどうぞ :)

Janedoe1471

2019/07/31 (Wed) 19:32

事後報告になって、申し訳ありませんが、勝手にIE調べを、させていただきました^^
[リンク:https://janedoe1471.blog.fc2.com/blog-entry-108.html]IEでもそれなりに見えるAkiraさんのテンプレート特集[/リンク]
いずれは、IE問題で悩む人は、いなくなるはずなので、あと数年でしょうが、過渡期というのは、なかなか、割り切れない人も、多いかもしれないと、思いまして…。
ご迷惑なようでしたら、削除しますので。
それにしても、IEは、どうして、object-fit:coverくらいは、導入できなかったんでしょうか、詳しい事情は、知りませんが、不思議すぎます。
background-clip:textとか、ああいう、デザインにはもってこいの機能も、ないんですから、デザイナーに嫌われるのは、当然ですが。

Akira

2019/07/31 (Wed) 21:45
vanillaice (Akira)

To Janedoe1471さん

Janedoe1471さん、こんばんは ('0')/

はい。拝見しました。
本来は私がすべきことなのに、なんだか肩代わりして頂いたみたいですみません ( ̄∀ ̄;)

object-fitはレベル4ですらないのに未実装のまま終了というか、結局開発「終了」ではなく「放棄」「断念」ですよね。
さらにこの局面で新しいエンジン(Edge HTML)の開発も諦めてChrumiumに移行するとか、何がしたいねんms (´・ω・`)
もう昔から「自社エンジン開発すな。素直にChromiumかWebkit使っとけ」と随所で言われていたのに(笑)

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です。
ご質問の前に 必ずお読みください
テンプレートに関するご質問時のお願い

必ず該当テンプレートの専用記事にお願いします。無関係な記事・別のテンプレート専用記事でのコメントはお控えください。
テンプレートカテゴリ
テンプレート一覧