vanillaice (Akira)

vanillaice (Akira)

先日「エディターを通した画像添付で、スキームが省略されるようになっている」件。
そして「それは恐らくSSL化に向けてのことではないか。」といった内容の記事を書いたのですが。
スキーム戻ってるね (´・ω・`)
絶対パスに戻ってる(笑)

うーん。これはどうしたことか。

① お試し的にやってみただけ (トップページサムネイルとかアカンやん、と思って戻した)
② そもそも変更したつもりなどなく、単に一時的なシステム誤動作
③ 調整不備に気づいて一旦差し戻した

とかいろいろ…。
②だった可能性もありますよねぇ (´・ω・`)
よくわからんが、ぬか喜びだった可能性大(笑)

あと、
「スキーム省略はGoogleの推奨でもあるので…」ってなことを書きましたが、現時点の最新版では変更されていることに気づきました。

Google HTML/CSS Style Guide

2.1.1 Protocol

Use the HTTPS protocol for embedded resources where possible.

Always use the HTTPS protocol (https:) for images and other media files, style sheets, and scripts, unless the respective files are not available over HTTPS.

〝埋め込まれるコンテンツについては可能な限りHTTPS通信プロゥトコルを用いてください。
画像やその他のメディアフィアル、スタイルシート、スクリプトは提供されていない場合を除き、常にHTTPS通信を用いてください。〟

まぁ、それは良いんだけど。
その下に例えが書いてあるんですよね。そしてこうあります。

Not recommended: omits the protocol
プロゥトコル省略(スキーム省略)は 推奨

えっと。いつ変わった (´・ω・`)
以前この章は

Recommended: omits the protocol
プロゥトコル省略(スキーム省略)は 推奨

だったんですよね。
httpとはっきり区分するために「今後はhttpsは明示しておきなさい」という意味だと思いますけれど。
ですから httpsサイト内でもスキームは省略せずに https:〜 とはっきり書いとけ、と。
そういうことのようです。
Googleのスタイルガイドはいろんなサイトで翻訳の紹介がありますが、今のところ変更点について書いてある日本語サイトは見当たりませんでしたので、一情報として記しておきます。

これはアレですよね。今後はhttpサイトとhttpsサイトとを同等に扱わない、というのが大前提で。
「スキーム省略を推奨するお!(はぁと)」
なんて言ってしまうと、httpサイトがこれを行った場合、せっかくhttpsで提供されているファイル類もhttpでアクセスすることになってしまうわけで。
そして今度はhttpsサイトがhttpしか存在しないファイルにhttpsアクセスしても情報を受けとれないですし。
そういった混乱を招くこともあるので「省略しない」という変更になっているのかと。
というかこれって事実上、httpサイトへの死刑宣告ですよね (´・ω・`)
「可能な限り〜」「〜な場合は除き(仕方がないけど)」
とかくっつけてはいますが、結局は
https以外使うな。httpサイト死滅しろ。
という内容であることが読み取れる(笑)
関連記事
Posted by
FC2SSL

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い