The other way round

ARTICLE PAGE

Small Change/ Tom Waits

Tom Waits
  • comment0
  • trackback0
Small Change
Tom Waits



Small change got rained on with his own 38
And nobody flinched down by the arcade
And the marquees weren't weeping
They went stark raving mad
And the cabbies were the only ones that really had it made

チンケなあの野郎が 頭をぶち抜いたよ 自分の38口径で
ちっぽけなアーケードの連中誰一人そんなことに気に留めたりしねぇ
ましてデカいホテルの常連は言うまでもねぇな
誰も彼も正真正銘気が狂ってるんだよ
タクシーの運ちゃんだけがせいせいした顔してたな


And his cold trousers were twisted and the sirens high and shrill
And crumpled in his fist was a five dollar bill
And the naked mannequins with their cheshire grins
And the raconteurs and roustabouts said, "Buddy, come on in."
'Cause, 'cause the dreams ain't broken down here now
They're walking with a limp

やつのねじれて冷たくなったズボン サイレンの音は甲高く鳴り響く
手の中にはしわくちゃの5ドル札
素っ裸のマネキンは薄気味悪い笑みを浮かべ
くっちゃべり魔と泥にまみれた労働者たちは言う
「オイお前 さっさとしな」
何故って? ここじゃすぐ壊れちまう夢なんてのはないからさ
どいつもこいつも びっこひいて腑抜けみたいに歩いてやがる


Now that small change got rained on with his own 38
And nobody flinched down by the arcade
And the burglar alarms' been disconnected
And the newsmen start to rattle
And the cops are telling jokes about some whorehouses in Seattle

チンケなあの野郎が 頭をぶち抜いたよ 自分の38口径で
ちっぽけなアーケードの連中にとってそんなのはどうでもいい話し
盗難防止のアラームはぶっ壊れてるし
ニュースのアナウンサーはベラベラと喋り始める
サツどもはシアトルの娼婦のことでジョークを飛ばし合う


And the fire hydrants plead the 5th amendment
And the furniture is bargains galore
But the blood is by the jukebox on an old linoleum floor
And what a hot rain on 42nd Street
And now the umbrellas ain't got a chance
And the newsboy's a lunatic with stains on his pants

5番街を飾り立てるいくつもの消火栓
お買い得を謳う家具の広告
古びたリノリウムに置かれたジュークボックスのそばの血痕
42番通りにはどしゃぶりの雨
これじゃ傘も役に立たねえな
汚れたズボンの新聞配達までも気が狂ってる


'Cause, 'cause small change got rained on with his own 38
And no one's gone over to close his eyes
And there's a racing form in his pocket circled Blue boots in the third
And the cashier at the clothing store didn't say a word
As the siren tears the night in half and someone lost his wallet

チンケなあの野郎が 頭をぶち抜いちまったよ 自分の38口径で
やつの眼を閉じてやろうって人間は一人もいなかった
ポケットには競馬新聞 3番のブルーブーツにマルが打ってあったよ
無言でレジを打つ洋服売りの店員
サイレンが夜中じゅう鳴り響いてるってのにだ
そして他の誰かはサイフをなくしまったとさ


Well, a surbeillance of assailants if that's what you wanna call it
And the whores hike up their skirts and fish for drug store prophylactics
With their mouths cut just like razor blades
And their eyes are like stilettos and her radiator's steaming
And her teeth are in a wreck, nah
She won't let you kiss her but, what the hell do you expect?

犯罪者を監視してるやつら? あいつらは見逃し専門よ
娼婦どもはスカートをたくしあげ
ドラッグストアでコンドームを物色するお決まりコース
みんなまるでカミソリの刃みたいな唇してやがって
眼はまるで目打ちで開けた穴みたいでさ
卑猥な熱をプンプン撒き散らしてる
歯は腐ってボロボロで… こりゃやめた方がよさそうだ
オンナはキスさせちゃくれないぜ?一体何を期待してるんだ?


And the gypsies are tragic and if you want to buy perfume
Well, they'll bark you down like carnys(? carnies?)
sell you Christmas cards in June

ジプシーたちは悲壮なもんで もし香水を買おうとすれば
怒鳴り散らされるのがオチ
6月だってのにクリスマスカードを買わされるハメになるぜ


But, but small change got rained on with his own 38
And his headstone's a gumball machine
No more chewing gum or baseball cards or overcoats or dreams
Someone's hosing down the sidewalk, and he's only in his teens

チンケなあの野郎が 頭をぶち抜いたよ 自分の38口径で
やつの墓石はガムボールの自販機
チューインガムも 野球のカードも あったかいコートも
夢さえももうやつには必要ない
誰かがホースで歩道に水をまいて血痕を洗い流す まだ10代のガキだ


'Cause, 'cause small change got rained on with his own 38
And a fistful of dollars can't change that
And someone copped his watch fob, and someone got his ring
And the newsboy got his pork pie stetson hat
And the tuberculosis old men at the Nelson wheeze and cough
And someone will head south until this whole thing cools off

チンケなあの野郎が 頭をぶち抜いたよ 自分の38口径で
手の中に残されたドル札をやつが使うことはもうない
誰かがやつの胸ポケットから時計を盗む そして誰かが指輪を盗む
新聞配達はカウボーイハットを上手いことくすねたってわけよ
結核のジジイがゼーゼーと咳き込んでる
他の連中は事が綺麗サッパリ治まるまで 南部に逃げ込むって寸法だ


'Cause, 'cause small change got rained on with his own 38
Yeah, small change got rained on with his own 38

チンケなあの野郎が 頭をぶち抜いたよ 自分の38口径で
チンケなあの野郎が 頭をぶち抜いたよ 自分の38口径で



sample



トム・ウェイツの曲は
風景描写 状態描写 がよくあります
都会の夜の喧騒と うらぶれた街通り
身を持ち崩した男女 虚ろな日常 不条理なやるせなさ
そんなのを想像しながら聴くといいかな と思います
なおかつ彼は 日常ではおよそ使うことのない
長ったらしい単語を連発するのも特徴的です
また ネイティブでも 「?」となるような表現もする方です



small change

小銭 という意味ですが ここから 「チンケな野郎」
スラングで誰もが使ってる というワケではなく
トム・ウェイツがそういった表現をとった
と考えていいと思います



nah

というのはスラングで 申し訳なさそうに 「ナァ…」
と発音します
ちょっと悪いんだけど…やっぱ無理
ごめんね…でも無理~
って感じですかね



さすが「酔いどれ詩人」と呼ばれる彼の
真骨頂のような歌詞なのですが
翻訳が拙くて 申し訳ございません (;ωq`)
Listening comprehension and Japanese translation: Akira
Copying or reprinting is strictly prohibited.
(c) 2014 Akira
small change
関連記事

Comments 0

Leave a reply

テンプレートに関するご質問・不具合のご報告の際はご自身のブログアドレス記載必須です
ご質問の前に必ずお読みください ↓
FC2テンプレート ご利用時のお願い